調子が悪いです

火曜日の夜から水曜日の朝にかけて
どこか痛いのか、ハァハァ息を荒くしたまま
眠れずに朝を迎えたshell。
お水もとれず食欲もなし。

水曜日のお昼過ぎに病院でみてもらいました。
レントゲン等では特に異常も見当たらず、
床擦れなどが原因でもなさそう。
おそらく脊髄腫瘍の関係かなぁと。

とりあえずステロイドと併用できるタイプの
痛み止めをいただきました。

帰宅後は、副作用である眠気のためか
一晩中寝ていなかったので白目をむいて爆睡し、
今朝はモリモリ食べて少しマシです。
が、やはり息はハァハァと荒い状態が続いています。

薬がきれたらしんどそうだし、薬を飲んだあともしばらく調子が悪そう。
しばらくしたら寝る。
そんな感じです。
しんどい時はそばを離れるとクンクンなきます>_<

やっと床擦れがマシになってきたのになぁ…。

色々考えさせられます。

[PR]
# by shellmana | 2015-07-09 17:14

床ずれ 自宅ケア

今日は、私なりに色々調べたり聞いたりしたことをもとに数日前より試している自宅ケアを紹介します。
医学の知識も何もない素人ですので、試される場合は自己責任でお願いします(´・Д・)」
shellはお尻のところに床擦れができていますので、お尻の場合の方法ですが
場所によってアレンジ可能かと思います。

湿潤療法というものです。

湿潤療法をしたくても、なかなかお尻部分に固定することが難しいため

1週間ほど悪戦苦闘して今の方法に落ち着きつつあります。


ちょっと?傷口のグロいお写真もあるので、
グロいのが苦手な方は続きは見ないでくださいね!!







まず用意するもの。

・三角コーナー用の穴が開いたビニール袋
e0346026_12574981.jpg
・生理用ナプキン(水切りナイロン袋をかぶせてテープで固定↓)
e0346026_13012905.jpg
・子供用タイツ。なければ大人用でも可能(パンストも可。やぶれやすいです。)
だいたい太ももの上部ぐらいのところでカットしています。
e0346026_13051771.jpg

▪️ケア方法としては、まず圧迫排尿によりオシッコをだしてあげます。
 そうしないと、ケアしている時にちょっと腰を持ち上げただけで
 膀胱が圧迫されてジャ〜っとオシッコが漏れてしまいます。
 何度失敗したことか・・・(泣)

 次に患部に水道水をかけて洗ってあげます。
 この時に下にオムツを開いたものや、沢山吸収してくれるペットシーツを敷いていると便利です。
 (薄いペットシーツは流れてしまいます)
e0346026_13160419.jpg
 患部を洗った後は丁寧に清潔なタオル等でふいてあげます。

 その次は患部に先ほどの水切り袋でおおったナプキンをつけて、医療用テープ等で固定します。
 できる限り、患部の周りはバリカンでカットしてしまった方がつきやすいです。
 我が家も本当はもっとカットした方が良いのですが、
 お尻とおしっこがでるところが近くて怖い私はなかなかできません(汗)

e0346026_13224693.jpg

 テープで固定したら、タイツをはかせます。
 よく伸びるしやぶれにくく、カットしてもあまり広がっていかないので
 shellにはタイツがベストな様です。
 包帯やネット、テープではずれてしまいますし、
 オムツもかぶれるので長時間つけていられません。
 オムツパンツなどもshellの場合はうごいてずれるので却下。
 
 もちろんタイツは尻尾、肛門部分、
 おしっこがでる部分(shellは女の子なので後ろの方)はカットしてあげます。
 カットしすぎると傷口部分の固定があまくなってしまうので、
 尻尾以外は履かせてからうまくカットするようにしています。
 タイツ、かなり良いです☆

e0346026_13290884.jpg
この方法で、ずいぶん固定されている時間が増えました。
時々オシッコがついてしまったりするので、その都度やり直してあげています。
汚れなければ丸一日ぐらいそのままでも良いかもしれませんね。
shellの場合は今は1日に2,3回変えています。
数時間外出しなければいけない時は、このタイツの開けた穴のところから
オムツを広げたものをはさんでいますが
今のところ少しの漏れなら大丈夫でした☆

この梅雨時期、洗濯が減って嬉しいです。
何よりシーツが汚れないので衛生的で、
傷口もたった一晩で少し小さくなったのが感動です。
この調子でうまく床ずれが治っていってくれますように。

あっ!!あと横になっている時間が多くなったら、寝床の環境も非常に重要だそうです。
せっかく治っても、またできてしまうということで
先生オススメのハニカムマットを購入しました。
それも二枚重ねを勧められたのですが、
ホームナースとどちらが良いかな〜っと迷った末、
一枚ずつ購入して二枚重ねで使用しています。
空気をたくさん通してくれるので、shellも快適な様です☆


[PR]
# by shellmana | 2015-07-06 12:50 | 下半身不随 床擦れ

床擦れとの闘い

床擦れ。
shellに床擦れができるまでは、ちょっと膿んだりする程度だと簡単に考えていました。
こんなに怖いものだなんて思いもしませんでした。

なんだか瘡蓋できているなーっと思った翌日には
瘡蓋がとれていて、その翌日には骨に押されて皮を突き抜けてしまい、穴があいてしまいました。泣。

とりあえず近くの病院へ行って相談するものの、先生もうーんうーんと唸るばかり。
とにかく車椅子に乗せて少しでも血行をよくした方が治りが早いと思うと言われ、家の中で車椅子に乗せてみたら半ばパニック状態で歩き回り、息子1歳轢かれるという状態…ヽ(´o`;
本人も狭い家の中を車椅子で過ごすと、すぐに色んなところにぶつかるのが嫌な様で、車椅子は断念。

傷の周りをカットしてもらって医療ホッチキスで止めてもらいましたが、すぐに外れてしまいました、

傷口が開いたままだと、そこにウジがわく場合もあると知り、私もパニック状態。

傷口に再生を促すような絆創膏を貼り、テープでとめてみましたが、shellが動くとすぐはがれる。
包帯やネットなんて話にならない。
穴は全く小さくならない。

どうしたらいいのよ!!
匂いもかなりのものです。>_<
早く治してあげたいのにできないもどかしさ。
そこへ娘がオタフク。
息子は高熱と鼻水や咳。
私自身も風邪をひき、本当に本当に気が滅入りました。
傷口を覆ってはズレて敷物が汚れるので、数日前まで洗濯ばかりしていました。


近くの病院と名古屋の主治医に電話で助けをもとめ、両方の先生からの情報やネットで調べたことをもとに、私の思いつきで昨夜からある方法を試しています。
すると!!うまくいきそうな予感です!!

明日以降にまたレポートします。


今日娘が見つけたクローバー。
「きっと良いことあるよ♡」っと言いながら渡してくれました。
最近いろんなことが重なって、かなりの落ち込んでいたので、とっても嬉しかったです(*^^*)
e0346026_00232717.jpg


[PR]
# by shellmana | 2015-07-05 23:54

犬が下半身不随になったら

shellが下半身不随になり、経緯などをあげていこうと思いながら、毎日バタバタすぎてあっという間にすぎていきます。

経緯などは後々あげていくとして。

いつか誰かの大切なワンコが下半身不随になった時に
必ず注意してあげて欲しいこと。

「上半身が元気だからって、例え室内であっても身体を引きずりながら歩かせないこと」

shellの場合は、人間みたいに脚を投げ出して座り
その姿勢でお尻を引きずりながら移動していました。
普段はマットの上に居ましたが、私達の食事のときに
引きずりながら食卓へ。
e0346026_23252758.jpg
↑こんな感じの姿勢です。

後に大後悔することに。
なんと数日でお尻に「床擦れ」発生。
それも気づいて対策を考えている間に
あれよあれよと悪化。
大変なことになってしまったのです。

下半身不随になり、下半身は筋肉が落ち激やせしてしまうわけですが、要するにお尻は皮だけ状態です。
それを引きずり歩くと、皮がやぶれて中が見えてしまうわけです>_<
よく考えればわかることですが、初めての介護。
排泄便のお世話だけでも必死で、そこまで気づくことができませんでした。

近くの病院で応急処置の医療ホッチキスをしてもらいましたが、翌日には取れました。泣。

現在進行形で、床擦れとたたかっています。
飼い主の精神状態もかなり厳しくなります。
床擦れは手強い。

明日以降にまた闘いの様子をあげていきます。


[PR]
# by shellmana | 2015-07-04 23:17 | 下半身不随 床擦れ

一歳児と要介護犬

お姉ちゃんは5歳なので、色々と言えばわかってくれることが多いのですが
1歳男児と要介護の大型犬のお世話(主に排泄の問題)は本当に大変です。

毎日お仕事関係の準備(介護をするようになって、なかなか進みません・・・)、家事育児、介護と
毎日ドタバタと過ぎていき、ブログを書く時間もなかなか取れません。

・・・が、ゆっくり更新していくつもり!!

現在はオムツかぶれができてオムツもしていないので、垂れ流し状態です。
shellの意思とは関係なく出てきてしまう状態。
圧迫排尿をマスターしたいのですが、これがまた難しい!!
排泄のコントロールがある程度できるようになれば、少し楽になるかなと思うのですが。


[PR]
# by shellmana | 2015-06-13 21:41 | 脊髄内腫瘍